オンマニペメフム

チベット・カイラス/ティルタプリ巡拝ヨーガ修行会より無事帰国しました。
わたしに繋がる全てに、支えて下さった方に感謝いたします。

to je che(チベット語でありがとう)

オーム(ン)は神への呼びかけ、マニは宝あるいは仏法、ペメフム(パドマ)は蓮の中の花の意味。“蓮の花の中の宝よ”。 一般的に仏は蓮の花の上に描かれており、オンマニペメフムとはこの蓮の花の中にいる仏への呼びかけの言葉である。 観音菩薩の真言でマニ車、マニ石の経文(スン)の大多数にはこの言葉が繰り返し書かれている。マニ車を回せば、その回数だけ真言を唱えたことと同じ徳があると言われている。 チベットでは不滅の言葉とされ、退魔、幸福を呼び込むための呪文として用いられる場合もあるそうです。

0 件のコメント: