先週は・・・アーユルヴェーダプログラムが安曇野にて行われました。
北インド・デラドゥンの医療研究施設郡H.I.H.T.(Himalayan Institute Hospital Trust)の補完療法セクションであるアーユルヴェーダセンター主宰でパンチャカルマのスペシャリスト、Drマムガイン博士夫妻。
お友達の薬祥さんの先生でもあります。レクチャーとカウンセリング、パンチャカルマ(体内浄化法)の前処置であるスネーハナが行われました。

皆さん施術を終わったあとは・・・お顔つるつる、ほわぁ~んとして深くリラックスしたようでした。
アーユルヴェーダとは「生命の科学」・・・人も自然も5つの要素から出来ています。空・風・火・水・土
そして、5つの要素の中で体での働きが3つあります。
ヴァータ(風)
ピッタ(火)

カファ(水)
この働きが強いか弱いかによって、体質や性格までもが変わってきます。もちろん基本体質はありますが、時間や季節や食べ物によっても変化します。自分の体質を知り、それにあった生活や食事を気をつけるだけで健やかに日々過ごせ、肉体的・精神的・感情的にも安定し、幸せで健康な生活が送れます。
自分を知る・・・ヨーガは「心の科学」アーユルヴェーダは「生命の科学」相乗効果ですね!^^



そしてそして・・・週末は近所のお友達の田んぼの田植えに行きました。
地球宿のゲストやら子供もいっぱい!お日様の下で泥んこになって思いきり夢中になって遊ぶ姿はキラキラしていました。
今は機械に頼り、こんな風景は懐かしいと・・・通りがかりの車の中から不思議そうにも、みんなにこにこ笑顔で見ていきました。

土をいじり、お日様ををいっぱい浴びて、風を感じ、汗を流す・・・気持ちのいい週末でした。^^

0 件のコメント: