巡回展「マンダラ ─ チベット・ネパールの仏たち」

マンダラ展に行っていきました。
ちょうどネパールから招いたチベット仏教僧による9日間の砂絵マンダラの儀礼が終了し、これから壊すというときでした。(凄いタイミングにびっくりと感謝)
             色鮮やかな薬師如来砂マンダラ
このマンダラの色・形は全てお経の中にあります。
なぜ今回薬師如来のマンダラなのかという質問にラマ僧は・・・
薬師如来は私たち生き物ののココロとカラダを癒します。
今、地水火風空のバランスが崩れています。
他者にも自分にも優しい心を持って生きることとお話しされていました。
  
壊す=執着しない          砂は壺にお経とともに納められました
マンダラを壊すことは、常にこの世は変化し、無常の教えを説いたものです。私たち自身、他者のため慈悲の気持ちで他者のために働く、仏教で一番大切なことだそうです。
やはり今回も思いやりでした。
壊した砂マンダラは女鳥羽川に、、、そして一部はそこにいた方々でいただくことができました。感謝
他にも沢山のインド・チベット・ネパールのマンダラ・神像・仏像・絵画など展示されていました。
なかでも、ヨーギニー女神像にくぎづけでした。
9/4まで開催しています。ぜひ仏たちに逢いに行ってくださいね。

0 件のコメント: